■敏感肌対策と洗顔の重要性



   敏感肌の対策には水分補給、保湿が欠かせません。しかし、
   いくら水分を補給して、保湿しても洗顔の方法を間違えて
   しまうと効果が半減してしまいます。正しい洗顔の方法を
   見直しましょう。まずは洗顔料選びから慎重に行いましょう。

   スキンケアで一番重要なのがこの、洗顔ですよ。敏感肌の方
   は肌が既に敏感になっていますので、刺激の少ない天然成分
   の洗顔料を選びます。洗顔の際はまず水ではなくぬるま湯を
   使って肌の汚れを落としましょう。ぬるま湯を使用する事に
   よってスチーム効果で毛穴が開き汚れが落ちやすくなります。

   洗顔料を掌でよくあわ立ててから皮膚に泡を乗せます。
   少ない泡で洗顔をすると、肌を擦りすぎてしまうため、
   敏感肌の皮膚に刺激を与えてしまいます。たっぷりの泡で
   顔を包み込むように、マッサージするように指を滑らせて
   ください。絶対に力を入れて擦ったりしないで下さいね。

   敏感肌で怠らないで欲しい工程が「すすぎ」です。洗顔料の
   泡がすすぎきれなと、肌に刺激を与える事になってしまい
   ますので、念入りにすすいで下さい。髪の毛の生え際、
   小鼻の横、耳のそば、あごの下、すすぎ残しの無い様に、
   10回以上すすいで下さい。その際も決して擦らずに、
   ぬるま湯で肌を包み込むようにしてすすいで下さい。

   すすぎが終了したら、刺激の少ない柔らかい繊維で出来た
   タオルで、押し当てるようにして水分を取ってください。
   タオルで擦ることも厳禁です。敏感肌の場合洗顔後すぐに
   化粧水などでケアしないと、顔が突っ張る感じがしてきます。
   ほっておくと乾燥が酷くなりますので、出来るだけ早く
   水分をしみこませて下さい。

   当サイトは敏感肌について詳しく解説しています。
   関連の情報をお探しの方は右メニューをご参考下さい。
   

■本サイト人気コンテンツ

  ◆ 原因1(先天的要因)
  ◆ 原因2(後天的要因)
  ◆ スキンケア選び
  ◆ 効果的なサプリメント
  ◆ 食生活について
  ◆ クレンジング編

■敏感肌関連最新ニュース