■敏感肌のクレンジング



   皆さんは「クレンジング」は何を使ってますか?クリーム
   タイプ・オイルタイプ・リキッドタイプ・ジェルタイプ・
   ローションタイプ・シートタイプ、洗い流すタイプのもの、
   拭き取るタイプのもの、様々な種類がありますよね。

   今人気があるのは、オイルタイプですよね。クレンジング
   オイルよく見かけますが、敏感肌と言う自覚がある肩は
   使わないほうが良さそうです。種類がたくさんありすぎて、
   どのクレンジング剤を選べばよいのか分からなくなりますよね。

   敏感肌の方へお勧めのクレンジング剤は「クリームタイプ」
   です。オイルタイプのクレンジング剤は、汚れが落ちすぎて、
   肌に必要な油分まで落としてしまいます。メイクは油汚れです。
   油と水はもともと混ざり合わないので、油分を落とすには、
   油分でなじませる必要があるのです。油分で浮き上がらせた
   汚れを、水で洗い流せるようにする必要もあります。

   水と油の仲介役を果たすのに界面活性剤が大きな仕事をします。
   合成界面活性剤は、普段吸収する作用のない肌に浸透して
   いき、長い間肌に残ります。汚れになじんで落とすという点
   では有効ですが肌に浸透してしまうと角質層の細胞を破壊して
   しまったり、乾燥肌や敏感肌など、弱っている肌には刺激に
   なります。厄介ですよね。でも、ある程度の洗浄力でメイク
   を落とすためには、界面活性剤が無くてはなりません。

   適度な油分と水分、適度な界面活性剤が配合されているものが、
   クリームタイプです。クリームタイプで、ぬるま湯で洗い流す
   タイプ、こちらが一番刺激が少なくてすみますよ。
   

■本サイト人気コンテンツ

  ◆ 原因1(先天的要因)
  ◆ 原因2(後天的要因)
  ◆ スキンケア選び
  ◆ 効果的なサプリメント
  ◆ 食生活について
  ◆ クレンジング編