■敏感肌のスキンケア



   敏感肌の対策方法で、自宅で気軽に出来るスキンケアが
   ドラックストアなどで見かける「敏感肌・乾燥敏感肌向け」
   などの入浴剤です。「敏感肌・乾燥敏感肌向け」の入浴剤
   には「セラミド」や「うるおい成分」等の保湿成分が配合
   されているので敏感肌対策にお勧めです。保湿タイプの
   入浴剤で全身にうるおい成分が行き渡る手助けになりますが、
   長く入浴し過ぎると拡がった角層から補うはずの「セラミド」
   等が流出してしまい、乾燥肌対策のつもりが逆効果です。

   入浴で急激に体温が上昇することでかゆみを感じる場合が
   あるので、湯船につかる時間・温度なども大事になります。
   お湯の温度が熱すぎても急速に肌の保湿成分を奪い取られ、
   よけいに肌が乾燥してしまい乾燥肌対策にはマイナスです。
   湯船につかる時間は5分程度、長くて15分以内が目安と
   されています。またお湯の温度は38度〜40度が理想的
   と言われています。

   乾燥肌のトラブルには他に、シャンプーやコンディショナー
   の洗い残しなどがあると、首・背中などの肌トラブルに
   繋がり敏感肌に刺激を与えてしまうので、すすぎ残しが
   ないように、上から下へ順に洗い流すなど、すすぎ方にも
   気を配り敏感肌対策を心がけて下さい。肌は思った以上に
   弱いので、「このくらい」と思って与えてしまった刺激が、
   強すぎることがよくあります。刺激が強すぎると敏感肌を
   悪化させれだけではなく、肌荒れの原因にもなるので気を
   つけましょう。基本はやさしく・やさしくですよ。
   

■本サイト人気コンテンツ

  ◆ 原因1(先天的要因)
  ◆ 原因2(後天的要因)
  ◆ スキンケア選び
  ◆ 効果的なサプリメント
  ◆ 食生活について
  ◆ クレンジング編